ファンダメンタルズ は 不安だメンタルず

ここでは、ファンダメンタルズ は 不安だメンタルず に関する記事を掲載しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他のブロガーさん達の動きをチェック! ⇒ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ

   
標記のコトバ、
チョット前の、為替ラジオ でマーフィーさん(だったかな?)がおっしゃってました。

なるほど、確かにその通りかも!
以下、氏の言葉。

『たとえばドル円。
ドル高の要素、ドル安の要素、常に両方が存在している。
ベア派とブル派、二本のレールみたいなモンで絶対に交わらない。
両方の話を聞いたら、どうしていいのか解らなくなりますよ。
ドルが上がれば、ドル高の要素がクローズアップされて、それが理由だ、とされる。
下がれば今度は、ドル安の要素がクローズアップされる。
結局、後付の説明にしか使われない。』

一度聞いただけなので、ちょっとあやふやなところもありますが、こんな趣旨のことをおっしゃってました。

この考え方、一理あると思いました。

 情報収集で、ブログやらアナリストレポートやら読んでると、「上がる!」って言う人もいれば、「下がる!」って言う人もいる。
それにそれに、すぐに趣旨替えする方もいらっしゃいますし。
溢れる情報にはホント振り回されてます、オレ。

理系だからかな?
最近はテクニカル分析に傾倒中です。

でも、ファンダメンタルズ分析レポート読むのも好きです。
なぜか?
それは多分、「ドルが上がると思う理由は?」と聞かれたときは
ファンダメンタルズ的に語った方がアタマがカッコイイからかなぁ、自分的に。
知的好奇心を満たしてくれるものが、ファンダには、あるんですよ。



スポンサーサイト

他のブロガーさん達の動きをチェック! ⇒ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ

   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxmanabu.blog49.fc2.com/tb.php/2-ed7e8541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:FX SEO対策:豪ドル SEO対策:マネスク SEO対策:トラリピ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。