信託保全を考える

ここでは、信託保全を考える に関する記事を掲載しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他のブロガーさん達の動きをチェック! ⇒ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ

   
前回記事『信託保全・序』の続きです
信託保全について、少し詳しく解説をします

まず、証拠金の管理のされ方は二種類あります。
(これは法令により規制されている)

①分別管理
 業者が、運営資金用 と 顧客から預かった証拠金用 に銀行口座を分けて管理する
問題点:どちらの口座も名義がその業者になっているので、万一倒産した時、債権者から両方の口座を差し押さえられるので、顧客に幾ら返ってくるかは不明。(ちなみに顧客も債権者の一人とゆう扱いなので、顧客も含めた債権者間でのお金の取り合いになる。)

②信託銀行による金銭信託
顧客の証拠金は信託銀行の金銭信託口座で管理される
FX業者のお金ではないので倒産しても債権者からは差し押さえられない
また、信託銀行のお金でもないので破綻してもペイオフの対象にもならない
完全に独立したお金として投資家の預託資金を保全することができる

では、「信託銀行による金銭信託」なら絶対に安心なのでしょうか?

実はそうとも言い切れないようです。
その中身は業者ごとに微妙に違うようです。
これは、法整備がまだ追い着いておらず、業者任せになっているのが現状のようです。

全ての通貨が保全の対象とは限らない
つまり、業者によって保全範囲はマチマチである
 日本円だけのところ
 日本円と外貨のうちの一部
 日本円も外貨も両方保全対象のところ

保全対象が、預けた証拠金全額とは限らない。
預かった証拠金の一部だけしか信託銀行に入れてない業者もあるそうです。
 これはカバー先のカウンターパーティーに業者が証拠金を預ける必要がある場合、その証拠金を、業者の自己資金からではなく、顧客から預かった証拠金から充当することができるためだそうです。(この行為は法的に全く問題がないそうです)。
万一カバー先が倒産した場合、カバー先に預けていたお金が顧客に帰ってくる保障はどこにもありません。

値洗いの間隔による問題
値洗いは、月に1回、週に1回、毎日、と、これも業者によってバラバラだそうです。
(金先法では値洗いの頻度の規制がまだないらしい。びっくり!)
たとえば、毎週金曜日に値洗いしてる業者があったとします。
そこで、月火水とせっかく稼いだのに業者が木曜日に倒産した。その場合、先週の金曜日までの分しか信託保全はされてないことになります。今週月火水の儲けはパァーになります。
毎日値洗いしてもらいたいですね。

業者⇔信託銀行のお金の出し入れのチェックは誰がしているか
FX業者の社員が「内部管理者」としてお金の流れをチェックしているケースが大半だそう。です
会社がヤバクなってきたときでも、キッチリと管理できるでしょうか?
上司とか経営者に「信託銀行に預けている分、少し回してもらえないのかね、会社の経営の為だ、頼む! 悪いようにはしないから。」って言われたら、フツーのリーマンだったらグラっとこないとも限りませんよね。
不正防止の為に外部の監査人おいていることが望ましいですよね。

業者倒産時に証拠金返還業務を担う「信託管理人」は誰か?
これも、そのFX業者の社員だと、倒産の当事者に任せておいて信用できるか?とゆう疑いが出てきます。キッチリと外部弁護士と契約していることが望ましいですね。

このセミナー主催者であるマネースクウェアジャパンは
 円外貨共に全額保全
 毎日値洗い
 業者⇔信託銀行のお金の出し入れのチェックは内部管理者+監査法人
 信託管理人は内部管理者+外部弁護士
とゆう体制をとっているそうです。
完璧ではないか!?

 最後に私のヒネクレた感想をチクリと。
「信託保全制度」がその真価を発揮するのはその業者が倒産したときなんです。
死亡保障の充実した生命保険を選ぶのとちょっと似ている気がしました。

 それと、こう言っちゃうと身も蓋もないんですが
「そうは言っているけれどホントにやっているのかどうかは結局のところ判らない。」
最終的には「その業者の言っていることを信じるしかない」んですよね。。。
私は、マネースクウェアは信用できると判断したから、口座開設したんですけど(嬉)。


 マネースクウェア・ジャパンの口座に関する私の感想はまた別の機会に書きたいと思います。
記事『マネースクウェアのこと』参照してください

つたない文章を最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングにもご協力願います
FC2 Blog  為替ブログ  人気blog  投資ブログランキング


(間違い、ご質問等ございましたらコメント欄にご記入、または直接メールください)
スポンサーサイト

他のブロガーさん達の動きをチェック! ⇒ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ

   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxmanabu.blog49.fc2.com/tb.php/31-a393881e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
信託銀行信託銀行とは、一般の銀行の業務に加えて、信託業務を取り扱う金融機関をいう。法律的には、銀行法に基づく免許を受けた銀行で、「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」によって信託業務の兼営の認可を受けた金融機関を指す。が、一般的には(1)戦前の信託会
2007/03/30(金) 04:37:08 | 信託最新ガイド

SEO対策:FX SEO対策:豪ドル SEO対策:マネスク SEO対策:トラリピ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。